• 印刷する

台湾シャープが化粧品販売進出、美華泰買収

台湾シャープは1日、台湾の化粧品小売りチェーン「美華泰流行生活館」を運営する美華泰(ミラダ)を買収すると発表した。化粧品小売り市場へ進出する。買収額は非公開。

買収後、美華泰は電子商取引(EC)に事業をシフトする。今月中に台湾シャープ傘下のECサイト「可購楽(ココロ・ライフ)」内に美華泰のブランド旗艦店を設立し、10月に正式にサービスを開始する。

ブランド旗艦店では1,000点以上の商品を販売する予定。「日系流行生活百貨の販売プラットフォーム」をテーマに、化粧品に加え、美容雑貨や生活用品、シャープの家電製品などもそろえる。

美華泰と可購楽の既存会員数は約200万人。

台湾シャープは、商品ラインアップで差別化を図り、市場での競争力を維持すると強調した。

美華泰は今年3月、新型コロナウイルス感染症による集客不振で経営が行き詰ったとして、域内で展開する全15店の運営を6月末までに終了するとサプライヤーに通達していた。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 電機医療・医薬品IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

台北と新北のコロナ警戒、3級に引き上げ(05/15)

新型コロナの域内感染、過去最多の180人(05/15)

新型コロナ、域内感染が過去最多の29人(05/14)

台北和平医院でコロナ感染者、救急外来停止(05/14)

鴻海がフィスカーと正式契約、米国で生産へ(05/14)

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

高雄の火力発電所が停止、400万戸に影響(05/14)

新型コロナ、新たに13人が域内感染(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン