• 印刷する

韓国初の中型EVバス、現代自が発売

韓国完成車最大手の現代自動車は6月29日、韓国初の中型電気バス(EVバス)「カウンティ・エレクトリック」を発売すると発表した。

短距離路線バス「マウルバス」やスクールバスに使用される15~33人乗りのモデルを生産する。128キロワット時(kWh)のバッテリーを搭載し、1回の充電で最長250キロメートル(15人乗り基準)走行できる。

急速充電時のコストは約2万8,000ウォン(約2,520円)と、ディーゼル車の4分の1水準に抑えられる。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

韓国が部品素材の国産化加速 供給網再編、388品目の育成支援(07/10)

新型コロナ感染者、50人増の1万3293人(07/10)

韓国のNH農協銀、ヤンゴンに駐在員事務所(07/10)

セルトリオンの治療薬、変種コロナにも有効(07/10)

韓国の輸出管理体制に懸念、日本が反論(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

宅配員にも雇用保険、政府が加入義務化へ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン