• 印刷する

テイクオフ:米メジャーリーグで活躍…

米メジャーリーグで活躍した姜正浩(カン・ジョンホ)選手が、韓国プロ野球界への復帰を断念した。姜選手はキャリアのピークだった2016年12月に、韓国で飲酒運転によるひき逃げ事故を起こしてファンと野球関係者を失望させた。さらに09年と11年にも飲酒運転を起こし、「反省が足りない」などと批判を受けた。

昨年9月には所属チームのピッツバーグ・パイレーツから放出され、母国復帰を目指したものの、韓国野球委員会(KOB)から1年間の出場停止処分と300日の社会奉仕活動を科された。33歳の野球選手としては厳しい処分だが、身から出たさびとも言える。姜選手は先月29日、自身のSNSを通じて韓国プロ野球界復帰への申請を撤回すると発表した。

3度の飲酒運転でアウトになってしまった姜選手。心からの反省と再起を期待したい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、2日連続で700人台(11:38)

サムスンが半導体に追加投資 3.7兆円規模、TSMCを猛追へ(05/14)

サムスン協力会社で集団感染、工場稼働中断(05/14)

コロナ新規感染者、半月ぶりの700人台(05/14)

韓国とイスラエル、FTAに正式署名(05/14)

SK会長ら財閥トップ、文大統領の訪米同行(05/14)

最低賃金上昇率、アジア18カ国で韓国が最大(05/14)

SKイノが黒字転換、石油事業の改善寄与(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン