コロナ検査需要続く、台湾各社は受注増も

新型コロナウイルス感染症のまん延が世界的に続く中、検査試剤の一層の需要拡大が見込まれている。台湾投資会社の統一証券投資顧問によると、世界の検査試剤の生産額は今年220億米ドル(約2兆3,600億円)に上り、2021年には585億米ドルへと拡大する見通し。台湾でも関連各社の受注…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

三倍券の経済効果、試算の1千億元超えへ(12:52)

テイクオフ:バスに乗っていると、2…(10/29)

「専利」出願が3期連続減少 コロナで海外法人の低迷続く(10/29)

鴻海が中保投資と合弁、私募ファンド組成(10/29)

広達のサーバー受注、21年上期まで好調(10/29)

PCBの志聖、手元受注が5割増(10/29)

聯電、東芝の8インチウエハー工場を買収か(10/29)

電子部品の輸出額割合、過去最大の39.2%に(10/29)

20年の半導体生産額、過去最高の3兆元に(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン