• 印刷する

チップモン都市開発地区、来月に販売開始

カンボジアの大手財閥チップモン・グループが開発する首都プノンペン北部の衛星都市「グランド・プノンペン・シティー(GPPC)」で、7月3日から住宅の販売が開始される予定だ。クメール・タイムズ(電子版)が26日に伝えた。

同グループの不動産子会社チップモン・ランドのリアン・ヘンリー社長は26日、来月3~5日に通常価格から8%引きで住宅の販売を実施すると発表した。同日の発表では具体的な価格を公表していないが、GPPC周辺地域の取引価格は1平方メートル当たり350~800米ドル(約3万7,500~8万5,700円)と推定されている。

GPPCの開発エリアはセンソク区で、チップモンは広さ260ヘクタールの敷地に高級住宅や商業施設、ゴルフ場などを建設する計画。自然環境を生かした都市空間として、2段階に分けて開発する方針で、第1期ではまず50ヘクタールの区画を整備する。

リアン・ヘンリー社長は、「新型コロナウイルスが開発計画の進展に大きな影響を与えることはない」としている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

【カンボジア経済通信】イノベ産業振興、「かえる跳び」狙う 第361回(09/25)

共用オフィスのトゥーン、カンボジア進出へ(09/25)

ポーサットの太陽光発電、試験運用開始(09/24)

中国系企業、南部の鉄鋼加工工場を年内稼働(09/24)

1~7月の対米輸出額、24%増の34億ドル(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン