永康商圏、20年売上高が前年比半減か

台北捷運(台北MRT)東門駅付近の永康商圏にある店舗の総売上高が今年、例年の5割に満たない恐れが出てきた。新型コロナウイルス感染症を受けた訪台旅行者の消失が要因。経済日報が伝えた。 永康商圏を管理する団体「台北市東門永康商圏発展協会」の劉鴻翔理事長は、今年の店…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国発会、向こう4年の成長率目標3.4%(13:35)

テイクオフ:「アミ族は運動神経も良…(07/14)

航空貨物運賃、高値維持へ 旅客輸送の再開本格化が鍵に(07/14)

長栄航空の旅客数、3カ月連続で9割超減(07/14)

台カ、海運貨物市場が3Qに反転上昇へ(07/14)

長栄海運、無担保転換社債を海外初発行(07/14)

TSMC、華為への供給再開を米に要望か(07/14)

今年の新車販売、優遇策延長で前年並みか(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン