永康商圏、20年売上高が前年比半減か

台北捷運(台北MRT)東門駅付近の永康商圏にある店舗の総売上高が今年、例年の5割に満たない恐れが出てきた。新型コロナウイルス感染症を受けた訪台旅行者の消失が要因。経済日報が伝えた。 永康商圏を管理する団体「台北市東門永康商圏発展協会」の劉鴻翔理事長は、今年の店…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

CIPと華城電機、台中港に発電機組立工場(12:01)

新型コロナ感染者、514人に(16:20)

テイクオフ:台湾で放送されている日…(09/30)

【業界探訪】運動人口の増加が追い風 柏文健康事業の陳兄弟(09/30)

フィットネスクラブの売上高、約130億元に(09/30)

フィットネスクラブ、1年間で13%増加(09/30)

ASUS、台中市とビッグデータ分析(09/30)

20年2Qのモバイル市場、2%減の382億元(09/30)

鴻海、半導体設備グループ会社の持ち株拡大(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン