• 印刷する

ホンダコリアの営業益9割減、不買運動響く

ホンダの韓国法人ホンダコリアはこのほど、2019年4月~20年3月期の営業利益が19億8,025万ウォン(約1億7,700万円)と、前年同期に比べて89.9%減少したと発表した。売上高は22.3%減の3,632億1,622万ウォンだった。金融監督院の電子公示システムを通じて明らかにした。

日韓関係の悪化に伴う日本製品の不買運動に加え、新型コロナウイルスの感染拡大による消費者心理の萎縮が響いた。ホンダコリアの新車販売台数は、日本政府が韓国向け輸出管理を厳格化した昨年7月以降、同年12月(19.6%増)を除く全ての月で前年を下回っている。

日本製品の不買運動の影響は、ほかの日系メーカーにも及んでいる。今年1~5月にトヨタ自動車の新車販売台数は57%、同社の高級ブランド「レクサス」は64%、それぞれ減った。日産自動車は販売環境の急変でこれ以上収益が見込めないと判断し、韓国市場から年内に撤退することを決めた。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、63人増の1万2967人(07/04)

韓国車の世界販売台数、6月は19.0%減(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

新型コロナの感染者54人増、光州市で急増(07/03)

サムスンSDSで感染者、蚕室社屋を閉鎖(07/03)

6月消費者物価、1カ月でマイナス脱却(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

21年の最低賃金、労働者側16.4%引上げ要求(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン