• 印刷する

テイクオフ:「中国革命の父」として…

「中国革命の父」として知られる孫文(孫中山)ゆかりの場所が広州には多い。そのうちの一つ「大元帥府紀念館」を訪ねた。100年ほど前に使われていた執務室などが見学できる。

展示室の一角に、新型コロナウイルスのコーナーが設けられていた。孫文の名を冠した「中山大学」の付属病院に絡め、防疫対策の取り組みが紹介されているのだ。武漢が都市封鎖された直後から、現地に応援に入り奮闘した同病院関係者の着ていた防護服などがガラスケースに飾ってある。隣には都市封鎖を伝える新聞も並べられていた。

コロナが中国で最も猛威を振るったあの頃から、まだ半年もたっていない。世界では感染拡大がとどまるところを知らず、国内でも依然として新規の患者が報告されている。ゆったりした時が流れる施設内に加えられた新たな「歴史」は、今も進行中だ。(川)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:都市部の不動産価格が高…(06/24)

中老鉄路、8月に試験運行開始へ(06/24)

全国排出権取引市場が始動へ 細則発表、上海で25日開始か(06/24)

コロナ新薬、昨年に59種類の審査終了(06/24)

健康コードにワクチン情報、近く正式導入(06/24)

MG、7月末に小型車の新モデル発売へ(06/24)

新型コロナ、3日ぶり国内感染ゼロ(06/24)

鴻海、中国と中国以外の生産比率が75:25に(06/24)

理財通、本土投資家が香港ファンドに関心(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン