• 印刷する

テイクオフ:当地では今、店舗などに…

当地では今、店舗などに入る際、新型コロナウイルス対策アプリ「マイスジャテラ」などを通じた登録が求められる。体温を測り、アプリでは名前、連絡先の電話番号のほか、14日以内に発熱などの症状がなかったかと、新型コロナ患者との濃厚接触がなかったかを確認される。

アプリの登録画面の下には「リスク」の文字。クアラルンプール中心部では、緑色で「低い」と表示されるが、会社近くの食堂で登録した際に赤く「高い」と出た。小さな店では、社会的距離を確保するのが難しいということか。外食店は、6月19日から全席の使用が認められており、昼食時は満席の所もある。店の規模に応じてリスクを判断するとは、芸が細かいと感心した。

が、そういう理由ではなさそうだ。会社と自宅の近くの店はほぼ赤くなる。新規感染者は減ってきているが、その中で感染リスクが高い地域なのだろうか。(谷)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マレーシア国民ら、政府便でインドから帰国(05/12)

テイクオフ:「鼻水出てますね」。最…(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン