• 印刷する

5月のメーカー別車輸出、10社中9社が減

タイの盤谷日本人商工会議所(JCC)自動車部会が26日発表した2020年5月のメーカー別の自動車輸出台数は、10社中9社が減少した。減少した9社のうち6社は4月よりも下落幅が拡大した。ドイツのBMWが前月に続き唯一プラスだった。

輸出台数をメーカー別に見ると、三菱自動車が前年同月比56.8%減の9,705台、トヨタ自動車が61.6%減の8,959台、日産自動車が68.4%減の2,237台などとなった。三菱自は中東向けが6.8倍となったものの、主力市場の欧州向けが77.9%減となるなどして落ち込んだ。前年同月は4番目に輸出台数が多かったホンダは、93.8%減の576台と9番目に落ち込んだ。

このほかの日系メーカーでは、スズキが97.1%減、いすゞ自動車が86.6%減、マツダが82.0%減となった。外資系ではBMWが3倍増だった。

1~5月の輸出台数のメーカー別は、三菱自が前年同期比18.5%減の10万3,046台でトップ。以下、トヨタが31.0%減の7万9,810台、米フォード・モーターが34.8%減の2万7,904台となった。

■日系バイク輸出は4社がマイナス

日系バイクメーカー4社の5月の完成車(CBU)輸出台数は、58.3%減の1万3,267台で、4社とも前年割れだった。台数トップのホンダが72.7%減の6,580台となり、以下はカワサキが11.2%減の5,605台、スズキが9.4%減の762台、ヤマハ発動機が40.3%減の320台となった。

※関連記事:タイの仕向け地別の車輸出台数(20年5月)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクでは、自転車に…(07/09)

日本食材、タイ輸出が15%減 コロナ禍で飲食店需要など縮小(07/09)

東京センチュリー、車サブスクで新サービス(07/09)

MGがEVカーシェア、7月中旬にも開始(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

カーケアのボッシュ、4年めどに40店体制へ(07/09)

トラベルバブルに遅れ、日中韓の感染者増で(07/09)

大容量海底ケーブルSJC2、21年完成へ(07/09)

20年の外国人旅行者822万人に=観光庁予測(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン