コロナ禍で雇用政策が争点 20年総選挙、有権者の選択(上)

シンガポールの2020年総選挙(定数93、10日投開票)に向けて各党舌戦が本格化している。新型コロナウイルスの流行で失業者や収入減少に直面する人が増え、争点の中心は雇用政策だ。与党が国民の雇用保護と外国人の受け入れを両立させようとする一方、野党の大半は外国人の就労ビザ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月1日から歩道を通行…(08/06)

小売業売上高、4カ月2桁減 回復基調も通年はマイナス成長へ(08/06)

イオンモールなど、投資3件認可(08/06)

個人情報保護法違反、8者を摘発(08/06)

企業統治・透明性指数、20年は過去最高水準(08/06)

アジアデジタル金融研究所、年内にも開校(08/06)

QRコードで納税可能に、徴税額8割カバー(08/06)

新指標金利の導入促進へ、変動利付債を発行(08/06)

米クラウド会計ソフト会社、地場企業を買収(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン