• 印刷する

格安ジェットスター、従業員の4分の1削減

ジェットスター・アジアは従業員全体の約4分の1を対象に人員削減を実施すると発表した(同社提供)

ジェットスター・アジアは従業員全体の約4分の1を対象に人員削減を実施すると発表した(同社提供)

シンガポールに本拠を置くオーストラリア・カンタス航空系の格安航空会社(LCC)ジェットスター・アジアは25日、最大180人の人員削減を実施すると発表した。従業員全体の26%に当たる。新型コロナウイルスの影響で航空業界が深刻な打撃を受けていることが背景にある。

ジェットスター・アジアによると、リストラ対象者は多部門にわたる。全てシンガポールの勤務者かどうかは明らかにしていない。従業員全体の国籍は多岐にわたるが、大半はシンガポール人という。リストラの手続きはまだ完了していない。

このほか、エアバスA320型機5機を減らし保有機材を13機とする。大半の従業員を対象としている無給休暇の実施期間は今年12月末まで延長する。

親会社のカンタス航空は同日、新型コロナによる旅客需要減退を受けたリストラ策で約6,000人の人員削減を実施すると発表。ジェットスター・アジアの発表もこの一環となる。

ジェットスター・アジアのバラ・パスパティ最高経営責任者(CEO)は、「新型コロナによる打撃を受けて非常に難しい決断を強いられた。旅行分野の業況は今後大きく変わってくると予想され、当社もこれに対応する必要がある」と説明した。


関連国・地域: シンガポールオーストラリア
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今の子どもたちが大人に…(03/04)

家族ビザ保有者の雇用要件強化 5月から、就労ビザ取得義務付け(03/04)

1月失業率3.2%、前月から0.1ポイント改善(03/04)

2月の製造業PMI、3カ月ぶりに低下(03/04)

契約不履行の救済申請、8600件以上に(03/04)

技術系プラットフォーム、5千万ドル助成へ(03/04)

ドコモと協和エクシオ、東南アの5Gで協業(03/04)

テナガ、シンガポール企業と再エネで提携(03/04)

ネスレ「ミロ」販売再開、供給体制整う(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン