• 印刷する

需要減退の賃貸不動産、賃料は下落傾向

カンボジアの賃貸不動産市場で需要が減退している。特に新型コロナウイルスの影響により、国外を退去した外国人向けの住宅物件で空き室が増加。賃貸料は下落傾向を強めている。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

外国人に人気がある首都プノンペンのドーンペン区やトゥールコーク区では、以前より3割低い賃料で入居者を募集していることが判明。さらに月決めの滞在施設、マンスリーマンションでは賃料が半額以下に設定されているケースも出ているという。

プノンペンのマンスリーマンション関係者は、「長期契約が激減し、短期の利用者が増えている」と指摘。賃料もこれまでの1泊8米ドル(約860円)から月100米ドルと大幅に下がっていることを明らかにした。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

神鋼環境、リゾート施設向け浄水設備を受注(08/07)

低迷する自動車販売業界、3月比では回復(08/07)

新型コロナ、新たに3人感染で累計243人(08/07)

首都のウオーターパーク、17日開業へ(08/07)

入国の保証金減額、投資家などの要件緩和も(08/06)

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン