駐在員の入国申請にタスクフォース、入管

マレーシア入国管理局は、新型コロナウイルス抑制のための活動制限令中にマレーシアを出国した駐在員らの入国申請を処理するためのタスクフォースを立ち上げた。活動制限令が今月10日から「回復期」に入ったことを受け、一部駐在員の入国を認めたため、申請件数の増加が見込まれる…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

小規模小売店20万軒の先行きが不透明に(16:53)

テイクオフ:長引く活動制限令で在宅…(07/09)

メルセデス、下期に巻き返し 操業停止期間に販促をデジタル化(07/09)

RM1=25.2円、$1=4.27RM(8日)(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

製造業立地評価、マレーシアはコストで4位(07/09)

独オーディオ機器が生産拠点、21年末に稼働(07/09)

ゴム手袋コッサン、ス州で生産拡大へ(07/09)

エアアジア、経営健全化に30億リンギ必要か(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン