• 印刷する

財務省、AIIBと7.5億ドルの融資契約

フィリピン財務省は9日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)から7億5,000万米ドル(約806億円)の融資を受けることで合意したと発表した。ドミンゲス財務相とAIIBの代表者が5日に融資契約に署名した。

アジア開発銀行(ADB)との協調融資で、フィリピン政府の新型コロナウイルス対策に充てられる。返済期間は12年(3年間の猶予期間含む)。今月中に全額がフィリピン政府に支払われる。

10日付スターなどによると、フィリピン政府は4日までに、海外金融機関からの融資や米ドル建てグローバル国債の発行などを通じ、新型コロナ対策費として56億5,000万米ドルを調達していた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏のコロナ規制延長 7月15日まで、次期政権に持越し(14:34)

未接種の従業員、出勤時検査を一部免除(15:25)

テイクオフ:1月に新型コロナウイル…(06/28)

複合メトロパシ、酪農に参入 7億円で地場買収、輸入減らす(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新型コロナ、20~26日は新たに4634人感染(06/28)

12~17歳の追加接種見送り、保健省(06/28)

ガソリン価格28日から値上げ、4週連続(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン