• 印刷する

全日空、インド線を7月末まで運休

全日本空輸(ANA)は9日、日本とインドを結ぶ路線の運休を7月31日まで延長すると発表した。週7往復の羽田―デリー便、同成田―ムンバイ便、週3往復の成田―チェンナイ便の全3路線が対象。インド政府は新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、3月22日から国際線の旅客便の離着陸を禁止している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国系の59種類のアプ…(07/13)

タイヤ大手が業績悪化 需要減で各社コスト削減に努力(07/13)

カンボジア、インドとのFTA締結視野(07/13)

タイヤ原料大手、チェンナイで新工場建設(07/13)

タタ自の世界販売、4~6月は64%減(07/13)

メルセデスの販売、上期は3千台に半減(07/13)

鴻海、インド南部にアイフォーン工場か(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン