• 印刷する

屋根補修トヨコー、9月にタイで本格始動

屋根の防水・補強工事などを手掛けるトヨコー(静岡県富士市)は9日、タイ法人トヨコー(タイランド)が9月に屋根の補修事業を開始すると発表した。老朽化した工場の屋根の防水や断熱性を高める独自の「SOSEI(蘇生)工法」を提供する。

トヨコーによると、蘇生工法はスレートや金属屋根に3層の特殊樹脂を吹き付けることで、耐用年数を延ばすほか、防水や断熱性を高める技術。日本国内では、自動車や電機メーカーなどの工場を中心に、延べ92万平方メートル以上に施工した。

タイでは2019年7月にほぼ全額出資する子会社トヨコー(タイランド)をバンコクに設立。今年2月に東部ラヨーン県で、米化学大手ダウ・ケミカルのタイ法人ダウ・タイランド・グループが主導する、低所得者向けの住宅建設プロジェクトに参画して、蘇生工法を施した。新型コロナウイルス感染症の流行拡大とタイ国内の非常事態宣言を受けて、停止していた事業活動を再開する。

タイでの蘇生工法の費用は、1平方メートル当たり1,400~1,600バーツ(約4,815~5,500円)を予定している。蘇生工法の耐久年数は10年以上で、施工後15年程度でのメンテナンスを推奨しているという。タイは日差しが強く、雨期の激しい降雨などもあり、工場や倉庫などの屋根の劣化が日本よりも早く進むという。蘇生工法を用いることでメンテナンスや屋根のふき替えの頻度を減らすことができるとみている。

日系企業だけでなく、タイ企業も対象に事業を展開し、21年に10件・5,000平方メートルの受注を目指す。その後は22年に20件・1万平方メートル、23年に50件・3万平方メートルの受注を目標に掲げている。将来的に台湾への事業展開も検討しているという。

トヨコー(タイランド)の従業員は現在2人で、9月には4人体制となる予定。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

財務省、20年成長率を7.7%減に上方修正(10/30)

いすゞが「mu―X」を刷新 7年ぶり、世界に先駆け来月発売(10/30)

三菱自、タイ製のPHVを12月1日発売(10/30)

ファストオートショー開幕、販売目標2千台(10/30)

1~9月のメーカー別車輸出、10社中9社減(10/30)

タイの仕向け地別の車輸出台数(20年9月)(10/30)

NCネット、デジタルショールーム開設へ(10/30)

二輪融資Tリーシング、3年で貸付330億円へ(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン