• 印刷する

KTが食事管理アプリ、糖尿患者向けに開発

KTが糖尿病患者向けに開発した食事管理アプリ=韓国(同社提供)

KTが糖尿病患者向けに開発した食事管理アプリ=韓国(同社提供)

韓国通信大手KTは9日、ヘルスケア関連ベンチャー企業のヒュレイポジティブと協力し、糖尿病の通院患者向けに人工知能(AI)を活用した食事管理アプリを開発したと発表した。

食事を写真撮影するだけで、栄養やカロリーを分析して記録できる。患者や看病する保護者は手書きで記録する必要がなくなる。医療スタッフも、食事の内容と栄養に関する情報を簡単に確認することが可能となる。

今年下半期からは、江原道原州市内の病院に通院中の患者を対象にサービスを始める予定。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国は今月後半から本格…(07/09)

入国感染者が3カ月ぶり最多 欧米から変種コロナ、拡散懸念も(07/09)

新型コロナ感染者、63人増の1万3244人(07/09)

韓国政府、新興企業の支援センター開所(07/09)

日本の対韓輸出18%減 11年ぶり低水準(07/09)

ソウル大学病院、物品搬送にLG製ロボット(07/09)

サムスン電子、半導体新素材を発見(07/09)

大容量海底ケーブルSJC2、21年完成へ(07/09)

LGとGS、EVバッテリーでサービス開発(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン