金融当局が香港ドル売り介入、97億HKドル

香港金融管理局(HKMA)は5~6日、3回にわたって計97億3,500万HKドル(約1,380億円)規模の香港ドル売り・米ドル買いの市場介入を実施した。香港ドルの市場レートが米ドル・ペッグ制の許容変動幅(1米ドル=7.75~7.85HKドル)の上限となっている7.75HKドルに迫ったことを…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港ブックフェア延期、域内感染の増加で(15:03)

週末も域内感染増加 3日で78人、在宅勤務提唱も(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

幼稚園と小中高校の夏休み前倒し、13日から(07/13)

反落、新型コロナ感染者の急増で=香港株式(07/13)

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

金融管理局、20億HKドルの香港ドル売り介入(07/13)

国際海運センター発展指数、7年連続で首位(07/13)

HONIA連動の金利スワップ、清算業務開始(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン