• 印刷する

サムスンの海外派遣募集、コロナ禍で中止に

サムスングループが、毎年社員を海外に派遣する「地域専門家」の今年の募集を中止したことが4日、分かった。新型コロナウイルスの世界的な感染で、社員の健康と安全を最優先したようだ。

サムスン電子の広報担当者はNNAの取材に対し、「2020年上半期中に出国を予定していた昨年の選抜者については、来年派遣する予定だ」と話した。募集の中止は、アジア通貨危機が発生した1998年以来、22年ぶりとなる。

サムスン電子は、海外のニーズに合った商品を製造・販売するために、現地の言葉を学んで生活に溶け込める社員を同制度を通じて育ててきた。毎年約400人を選抜し、給料とは別に1人当たり最低約1億ウォン(約893万円)の経費をかけて現地に派遣していた。

ただ4日付ソウル経済新聞によると、海外を旅行する韓国人観光客が増え、海外の情報に簡単にアクセスできるようになったことから、「メリットが減った」として同制度の見直しを求める声が上がっているという。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:車線変更した救急車が、…(07/13)

日系農機、高性能需要に商機 政府の転作奨励や高齢化にも対応(07/13)

新型コロナ感染者、44人増の1万3417人(07/13)

韓国・カンボジア、FTA交渉開始(07/13)

21年の最低賃金難航、労働者側が反発(07/13)

アジア人気ブランド、9年連続でサムスン(07/13)

起亜自、今年の販売20%減に(07/13)

クーパン、シンガポールHooqの資産買収(07/13)

セルトリオン、テバの片頭痛薬を受託生産(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン