在宅勤務でストレス増、常に仕事モード8割

シンガポール人の仕事のストレスが、新型コロナウイルス対策による在宅勤務で増えていることが、米保険大手シグナ・コーポレーションの調査で明らかになった。在宅勤務で「常に仕事モードでいなければならない」と感じている割合は約8割に上った。 調査は、シンガポールやタイ、…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:5年ぶりとなるシンガポ…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

企業の期日内支払い、約5年ぶり低水準(07/02)

民間住宅価格、4~6月期は1.1%低下(07/02)

参天製薬、地場新興企業プラノに出資(07/02)

飲食大手コウフ、4社を17億円で買収(07/02)

チャンギ空港、非接触チェックイン機を導入(07/02)

コンテナ貨物市場、回復は緩やか=調査会社(07/02)

MRTヒューム駅、10~12月から本格工事(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン