• 印刷する

テイクオフ:中学時代は陸上部に入り…

中学時代は陸上部に入り、幅跳びが専門だった。測定の始点から助走に必要な距離を逆算してスタート地点を決め、1センチでも記録の無駄にならないよう調整を重ねる。1日100本以上も砂場に向かって飛んでいたせいか、おおよその距離を目視で測る癖が残っている。

週末に出かけたクアラルンプール市内の食料品店では、店員がレジに並ぶ際に社会的距離を保つための目安となる足形のシールを床に貼り付けていた。最低必要とされる1メートルを巻き尺で正確に測る念入りな作業を見て、中学時代の記憶がよみがえる。

日々目の当たりにするニューノーマル(新常態)は、当初リズムがつかめなかった在宅勤務に2カ月もすれば慣れたように生活の一部になるのだろう。足形のシールの上に立つと、レジを超えた彼方、社会的距離にして5つ分が目標だった10代の夢がよぎるのも、今だけなのか。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新車販売に売上税減免効果 首位プロドゥア、6月は前月3倍(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

RM1=25.1円、$1=4.29RM(2日)(07/03)

MM2Hの新規申請、6月末から9割超却下(07/03)

外資の工業用地所有権、ヌ州が条件付き許可(07/03)

建設ガムダ、ペナン交通整備計画で州と契約(07/03)

失業者雇用する企業への優遇、申請受付開始(07/03)

6月の製造業PMIは51.0、V字回復の兆し(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン