4月個人融資3%減、過去最大の下げ幅

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)が発表した2020年4月の金融統計で、個人向け融資は前年同月比3.3%減少し、過去最大の下げ幅を更新した。クレジットカードが大きく低迷したことが響いた。新型コロナウイルスの影響で、国内の大半の小売店が休業していることが背…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総選挙も終わり一段落つ…(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

隣国往来再開に日系は関心薄 現時点では利点見えず(07/16)

東南アジアのM&A、1~6月は13%減(07/16)

東南ア企業の8割、2年以内に事業売却検討(07/16)

総合リゾートRWS、コロナ禍で人員削減(07/16)

ハノイの新オフィスビル、第3四半期に開業(07/16)

ASUS、下期はスマート医療の提携先拡大(07/16)

6月の民間住宅販売、前月比2倍超に回復(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン