• 印刷する

信頼される豪ブランドにバニングス、トヨタも

オーストラリアの信頼されるブランドランキングで、4月にハードウエア販売バニングスが1位となったことが分かった。新型コロナウイルス感染症を背景とした厳格な社会的距離規制が敷かれる中、顧客とのつながり方を刷新しイノベーションを続けたことが評価された。一方2020年の自動車部門の信頼度調査では、昨年から引き続き、トヨタとマツダがそれぞれ1位と2位を維持した。

調査会社ロイ・モーガンは、全25部門の800種類以上のブランドについて、毎月1,000人のオーストラリア人を対象に調査を行っている。

信頼できるブランドの2位は、スーパーマーケット大手ウールワースだった。消費者の買いだめにより、価格のつり上げや配達に関する問題、サプライチェーンの欠陥など課題はあったものの、新型コロナ危機の初期から積極的な取り組みを見せてきたことが消費者の共感を呼んだようだ。

航空大手カンタスは、前回調査から順位を2つ上げ3位だった。

ロイ・モーガンのレヴィーン最高経営責任者(CEO)は「カンタスは、世界中で国境が封鎖される中、各国・地域からオーストラリア人を帰還させるためフライトを提供したことがメディアに多く露出し、好感を得た」と説明した。

またコモンウェルス銀行(CBA)は10位に返り咲き、金融王立委員会以降初めてのランクインとなった。新型コロナ流行の初期に、ローン返済の猶予措置を講じたことが評価されたとみられる。

一方、最も信頼できないブランドは、金融AMPと米IT大手のフェイスブックだった。

■日系ブランド、テスラが脅威に

ロイ・モーガンが7,000人を対象に行った20年の自動車・交通部門の年次調査では、日系2社に続き、米電気自動車(EV)大手テスラが3位につけた。19年には7位だったが、今年はホンダを追い抜いて3位に浮上し、信頼度が急上昇。日系ブランドの脅威になっているようだ。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:学生時代に友人らと、大…(07/16)

豪7月消費者マインド、再下落 メルボルン封鎖が重しに(07/16)

雇用消失の35%が回復、失業第2波の恐れも(07/16)

カード支出7%超増、豪経済楽観は禁物(07/16)

給与補助が延長?小企業は継続するか熟考を(07/16)

決算で支援策の依存度明示を、当局が指導(07/16)

豪の国際旅客、カタール航空が最多(07/16)

VIC州死者1人増、NSW州は市中感染特定(07/16)

コロナ対応、全国統一の基準設定を=財界(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン