• 印刷する

テイクオフ:2019年9月、スクー…

2019年9月、スクールゾーンを歩いていた金ミンシク君(当時9歳)が交通事故で命を落とした。それは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が同年11月に300名の一般市民をスタジオに招いて行った「国民との対話」で話題になった。学校からの帰宅途中、目の前で最愛の息子を失った親の切ない訴えは、金君の名前を取った「金ミンシク法」の改定に繋がった。

スクールゾーンでの運転者の不注意による死亡事故には無期懲役や3年以上の懲役が科せられる「特定犯罪加重処罰法」が加わった。だが、運転者の立場としては視界をふさぐ違法駐車、道路に飛び出してきた子供など「どうしようもない状況を考えてない処置である」と不満の声も。

今年3月、金ミンシク法が施行されてからも続くスクールゾーン事故。何よりも命の大切さを胸に、注意に注意を重ねる姿勢が必要だ。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、63人増の1万2967人(07/04)

韓国車の世界販売台数、6月は19.0%減(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

新型コロナの感染者54人増、光州市で急増(07/03)

サムスンSDSで感染者、蚕室社屋を閉鎖(07/03)

6月消費者物価、1カ月でマイナス脱却(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

21年の最低賃金、労働者側16.4%引上げ要求(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン