【人財羅針盤】第144回 サーキットブレーカー後の3フェーズ

シンガポールで4月7日から続いていた職場・学校を閉鎖する措置「サーキットブレーカー」には、期限が設けられていました。終了日は6月1日。つまり5月いっぱい頑張ればいわゆる「休業要請」が解除され、感染拡大に気を付けながらも経済活動が戻ると信じている方が筆者も含めて…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

フィンテック社、「ツケ払い」サービス提供(17:01)

新規感染188人、計4万4310人(2日)(17:00)

総選挙は経済・雇用対策焦点、与党に追い風(16:36)

与野党が選挙討論会、雇用問題で意見対立(15:51)

日系14%の入国承認、制限緩和第2期に(15:46)

テイクオフ:5年ぶりとなるシンガポ…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

企業の期日内支払い、約5年ぶり低水準(07/02)

民間住宅価格、4~6月期は1.1%低下(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン