• 印刷する

テイクオフ:電力会社から届いた請求…

電力会社から届いた請求書に度肝を抜かれた。記載されていた1カ月間の電気代は通常の約4倍。外出・移動制限措置で終日自宅待機しているとはいえ、ありえない数字だった。

友人に聞けば、同じように「お高い」請求書が届いていた。インターネット上では約3万円の電気代が届いた男性が、音楽に合わせてゆっくり開封する動画を投稿していた。新型コロナウイルスで誰もが厳しい生活を送っているだけに、この問題は波紋を広げた。

請求書の送り主であるマニラ電力(メラルコ)は、さすがにまずいと察知したのか、対応に動いた。4~5月の電気代は各利用者の平均消費量から算出したと釈明。実際に使った量に基づいて請求書を再作成すると表明した。再計算でどこまで料金が下がるか不明だが、次回届く請求書には無駄な心配をせずに済みそうだ。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏などの外出制限、条件付きで緩和(02:10)

南アジアからの入国禁止延長、31日まで(02:14)

大手企業、環境戦略に軸足 世界と足並み、動き加速も(05/14)

〔セブ通信〕空港、14~15日に国際線停止(05/14)

新型コロナ、新たに6385人感染(05/14)

ロシア製ワクチン、新たに1.5万回分到着(05/14)

JOGMEC、比の石油備蓄構築へ調査(05/14)

今週末から2回目検査、外国人家政婦(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン