少子化で学生の借り手減少、1棟売りが増加

台湾で建物を1棟ごと売りに出すオーナーが増えている。オンライン不動産仲介を手掛ける屋比房屋によると、10戸以上ある売り出し中の物件は現在少なくとも4,700件となり、前年同期に比べ2割弱増えた。少子化を受けた学生向け賃貸の需要減退が主な要因という。工商時報が伝えた。 …

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ警戒第3級、7月12日まで延長(15:16)

コロナ域内感染、3日ぶり100人超(16:19)

入国後の待機期間、14日間に短縮(18:20)

金管会と米テキサス州、銀行監督で連携(17:47)

テイクオフ:台湾で新型コロナウイル…(06/23)

外国人労働者の管理に新規定 コロナ拡大で、対応遅れ指摘も(06/23)

新型コロナ域内感染、2日連続で2桁(06/23)

接種対象を拡大、65歳以上から可に(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン