減産で先行き不安、日系の自動車関連企業

カンボジアに工場を構える複数の日系自動車・二輪車関連メーカーが、部品などの減産を余儀なくされている。主な出荷先となるタイで、新型コロナウイルス感染症の影響などによって自動車や二輪車の生産が落ち込んでいるためだ。顧客となる完成車メーカーは工場の操業を再開したもの…

関連国・地域: タイカンボジア日本
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

サウジから帰国の15人、コロナ陽性(07/14)

中国開発銀、アクレダ銀に1.3億ドル融資(07/14)

正月の振り替え時期、来月17~21日に(07/14)

政府貯蓄から11億米ドル拠出、コロナ対策で(07/13)

上期インフレ率2.5%、原油下落などが影響(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン