• 印刷する

コロナ禍の整理解雇、退職金支給を=人材省

シンガポール人材開発省は20日、コロナ禍で整理解雇を実施する企業に対し、解雇者に退職金などの手当て支給を求める指針を公表した。経営状況に応じた金額の目安を設けた。

財務状況が健全な状態にある企業に対しては、既存の雇用契約などで定める金額か、勤続1年当たり2週間~1カ月分の給与と同額の退職金を支払うよう定めた。

新型コロナウイルスで経営が圧迫されている企業には、労働組合や従業員と交渉し、公正な水準の退職手当の支給を求めている。

経営に深刻な影響が出ている企業については、政府が賃金補助を支給していることを踏まえ、少なくとも1~3カ月分の給与と同額の退職手当を支給するよう要求している。

従業員数10人以上の企業が6カ月間に5人以上を解雇する場合は、人材開発省に報告することを義務付けた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染125人、計4万5423人(9日)(07/09)

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(07/09)

車両購入権の入札再開、予想より上昇小幅(07/09)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

東急建設、豪に子会社持つ海外BIM企買収(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン