• 印刷する

入国規制で日本企業9割に影響=JCC調査

タイの盤谷日本人商工会議所(JCC)は20日、「日本人のタイ入国に関する緊急アンケート」の結果を発表した。

日本人のタイへの入国規制による影響を尋ねた質問(複数回答)では、「日本人のタイ入国規制の影響は特にない」と答えたのは85社(11.2%)にとどまり、88.8%は何らかの影響を受けていると答えた。「タイから日本へ出張ができない」(421社、55.5%)、「入国規制のため日本で待機している日本人社員がいる」(381社、50.3%)、「タイから日本以外の国(周辺国など)に出張できない」(341社、45.0%)が回答数の上位を占めた。

また、「タイ入国のため、日本で待機中の社員がいる」と答えた企業を対象に、タイ入国の目的を尋ねた質問(複数回答)では、「定期的な人事異動」と答えた企業が257社と最も多く、4月の人事異動の時期をまたいだ入国規制が企業活動に影響を及ぼしている実態が浮き彫りとなった。このほか、150社が「タイでのビジネス拡大」と答え、入国規制による商機逸失を懸念する声も目立った。

タイ政府は、3月26日に発令した非常事態宣言で、5月31日まで労働許可証を保有する人などを除き外国人の入国を禁止している。また、今月16日には、5月31日までとしていた国際線の乗り入れの禁止措置を、6月30日まで延長すると発表した。

調査は、5月11~14日に、JCCの会員企業1,763社を対象にウェブを通じてアンケートを実施し、758社から回答を得た。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタがカローラSUV発売 世界初、月間1400台の販売目指す(07/10)

テイクオフ:5月末から新型コロナの…(07/10)

マツダ、クロスオーバーSUVで販売首位(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

中国のタイヤ大手山東リンロン、生産増強(07/10)

双日の関連企業、印バジャジの二輪車を発売(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

屋根置き太陽光、買取価格引き上げなら拡大(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン