7年ぶりに金の加工再開、中南部セポン鉱山

ラオス中南部サワンナケート県にあるセポン鉱山で採取される金鉱石の加工が約7年ぶりに再開されたようだ。加工を始めたのは中国内モンゴル自治区の非鉄金属メーカーである赤峰吉隆黄金鉱業のラオス子会社。地元紙などによると、同社は今年、1~1.6トン、来年には7トンの金を生産…

関連国・地域: 中国香港ラオス
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

翔栄クリエイト、太陽光発電所の建設請負(04/12)

1~2月の国境貿易4%増、ミャンマー低調(04/12)

地場企業、南部県の太陽光発電で政府と覚書(04/09)

ワクチン接種、公務員などに対象拡大(04/08)

日ラオス首脳会談、ミャンマー注視で一致(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン