• 印刷する

テイクオフ:最近、香港のニュースな…

最近、香港のニュースなどで目にする「報復性消費」という言葉。直訳すると「リベンジ消費」といったところか。香港人の同僚に意味を聞くと、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出を控えて買い物を我慢していた反動から、感染が落ち着いた後に消費意欲が高まることを指すらしい。

香港では抗議デモが吹き荒れた昨年後半以降、小売業界の低迷が続いている。中国本土客減少の影響は大きいが、香港人の消費マインド悪化もその一因だ。新型コロナの影響で販売不振が一層深刻になっている業界にとって、香港人のリベンジが待ち遠しいところだろう。

個人的に期待したいのは、コロナ終息後の日本への「報復性旅遊(旅行)」だ。各国・地域の入境制限の継続で「日本に行きたいけど行けない」という香港人は多いはず。そうした欲求不満を解消できる日が早く来ればいい。(祐)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 医療・医薬品観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港ブックフェア延期、域内感染の増加で(20:26)

週末も域内感染増加 3日で78人、在宅勤務提唱も(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

幼稚園と小中高校の夏休み前倒し、13日から(07/13)

反落、新型コロナ感染者の急増で=香港株式(07/13)

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

金融管理局、20億HKドルの香港ドル売り介入(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン