• 印刷する

ウェーブ・マネー、アリババ集団が出資

シンガポール取引所(SGX)に上場するミャンマーの持ち株会社ヨマ・ストラテジック・ホールディングスは18日、中国電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)と、モバイル決済サービスで戦略提携すると発表した。

アリババグループの金融子会社、バ蟻金融服務集団(バ=むしへんに馬、アントフィナンシャル)が、ヨマ傘下でミャンマー最大のモバイル送金サービス「ウェーブ・マネー」を展開するデジタルマネー・ミャンマーの発行する新株を引き受ける形で、7,350万米ドル(約79億円)を出資。アントフィナンシャルの資本参加後、ヨマグループの出資比率は約33%となり、残りをアントフィナンシャルとノルウェー系携帯電話サービスのテレノール・グループがおよそ半分ずつ出資する。

ウェーブ・マネーは、決済アプリ「アリペイ(支付宝)」のプラットフォームで世界展開するアリババグループと同社の経験や技術を共有することで、送金事業や電子マネー事業の競争力をさらに高める。

ウェーブ・マネーは全国に5万7,000カ所の店舗を展開。全330郡区のうち295郡区を網羅している。2019年の送金額は、前年比で3倍以上の43億米ドル。サービス利用者は2,100万人超に達した。

モバイルマネーの「ウェーブペイ」は18年10月の事業開始後、毎月14%程度の伸びをみせているという。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染確認なし、累計369人=14日朝(08/14)

コロナ規制、一部緩和で8月末まで延長(08/14)

対日輸出の減少幅が縮小 6月、主力の衣類軒並み回復(08/14)

車両登録料を大幅引き下げ、コロナ救済で(08/14)

コロナ基金の追加融資、700社超が申請(08/14)

集会の許可人数、30人までに緩和へ(08/14)

日本から帰国者で初の感染確認、累計369人(08/14)

コロナで6割が投資削減へ=独商工会調査(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン