【三井住友銀行編:香港・華南ビジネス】第88回 香港政府のCOVID19への対応策(3)

香港では4月中旬以降、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の新規感染者の増加ペースが急激に鈍化しています。こうした中、香港政府は各種制限を徐々に緩和する方向にかじを切り始めました。本稿では香港政府のCOVID19流行に関する足元の規制緩和の動きをまとめます。…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:エリザベス英女王の夫、…(04/12)

中環に企業回帰の動き 賃料下落、ネームバリュー狙い(04/12)

接種済み出張者の隔離期間、政府が短縮検討(04/12)

アストラゼネカワクチン、「年内は不要」(04/12)

新たに13人感染、域内で2人=計1万1581人(04/12)

屯門の公営住宅で集団感染、排水管に問題か(04/12)

電子消費券、オクトパスなど4ブランドを選定(04/12)

消費者信頼感、1Qは前期から悪化=城市大(04/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン