【三井住友銀行編:香港・華南ビジネス】第88回 香港政府のCOVID19への対応策(3)

香港では4月中旬以降、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の新規感染者の増加ペースが急激に鈍化しています。こうした中、香港政府は各種制限を徐々に緩和する方向にかじを切り始めました。本稿では香港政府のCOVID19流行に関する足元の規制緩和の動きをまとめます。…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新たに50人感染、域内で49人=計9502人(01/16)

新たなコロナ感染者38人、累計9452人(01/15)

制裁対象株除外の方針撤回 最大ETF、「非米国人」理由に(01/15)

新たなコロナ感染者29人、累計9414人(01/15)

ファイザーなどのワクチン、18日に検討会合(01/15)

本年度財政赤字は3630億ドル、英社予測(01/15)

反発、ハンセン指数1年ぶり高値=香港株式(01/15)

労働・福祉局、法定休日の5日増を正式提案(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン