• 印刷する

中石化、高付加価値製品の工場に37億元投資

台湾石化大手の中国石油化学工業開発(CPDC、中石化)は13日に開いた董事会(取締役会)で、苗栗県頭フン鎮(フン=にんべんに分)に建設する高付加価値製品の工場第1期に約37億2,898万台湾元(約133億3,000万円)を投資することを決議した。

工商時報などによると、新工場では、二軸延伸ポリプロピレン(OPP)やナイロン製品などの高付加価値製品を生産する。ファインケミカルを石化事業の第2の柱に据え、安定した企業運営と競争力の向上を狙う。

同社は2019年の董事会で頭フン工場の建設計画を承認。当初計上していた約8億元に、今回は工場建設費の29億2,868万元を積み上げた。

中石化が高雄市橋頭区で建設を進める特殊化学材料の研究開発(R&D)センターは第3四半期(7~9月)に完工する見通し。自動車部品や工具など向け製品をカスタマイズ生産する計画で、将来的にはバイオ材料などの分野にも参入する考え。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車電機化学その他製造天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが家に眠る資産を活用…(05/28)

【肖像】水+電気が消毒水に 創浄科技の陳建宏執行長(05/28)

鴻海などEMS3社、中国工場で採用活動(05/28)

大立光電が蘇州工場を売却、台湾回帰へ(05/28)

瑞イクのR&D費、20年は過去最高額に(05/28)

サイムダービー、中華圏で自動車事業拡大へ(05/28)

XRスペース、5G対応のVR機発表(05/28)

ゴゴロ、年内に電池交換施設1900カ所へ(05/28)

空港MRT山鼻駅用地の入札、宝佳が取得(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン