• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアはニュー…

オーストラリアはニュージーランドと共に、新型コロナウイルス対策では世界の優等生だ。さぞ医療現場は大変だったのだろうと思いきや、意外な話を聞いた。

ある関係者によると、クイーンズランド州の大手病院では、多くの感染者が運び込まれる時のために、一定割合の病床や医療設備体制を常に空けておいている。だがそのために、かえって医療従事者が労力や時間を持て余すという事態になっているのだという。ある看護師は「ヒマでヒマで仕方がない」のだとか。一般人も、この時期にはよほどのことがない限り、病院には近寄りたがらないのだろう。多忙な病院もあるかもしれないが、どうもイメージが違って拍子抜けさせられる。

世界の一部では医療崩壊の懸念が出ている中で、早くも「イチ抜けた」が見え始めているオーストラリアのひとつの側面かもしれない。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:帰宅後、携帯電話がない…(07/10)

豪日首脳が会談、防衛連携強化 中国を警戒、宇宙関連での協力も(07/10)

日立傘下の送電網企、脱炭素経済の実現へ(07/10)

東急建設、豪に子会社持つ海外BIM企買収(07/10)

JAL、10月1日まで豪州路線の運休延長(07/10)

QLD、負債向け基金でヴァージン株取得か(07/10)

空飛ぶ自動車、NSW州内陸部で試験へ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン