コロナ禍でベビーブームか、政府が危機感

【ジャカルタ共同】新型コロナウイルスの影響で、インドネシアで避妊具や避妊薬の使用が減少していることが12日までに分かった。世界第4位の人口約2億7,000万人を抱える同国は人口抑制策を進めてきたが、今後ベビーブームが起きる可能性があると懸念を強めている。 人口政策を担…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

生保クレスナ、コロナ禍で保険金支払い延期(05/21)

日系車部品、自社製フェースシールドを寄贈(05/21)

国内スマホ販売、コロナ禍で前期比24%減(05/20)

4月の新車販売確定値、コロナ影響で9割減(05/20)

日産が世界2万人削減視野、国内拠点再編も検討(05/25)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(5月21日)(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン