ヤンゴン、1800工場に操業再開を認可済み

ミャンマー最大都市を抱えるヤンゴン管区で、1,800カ所以上の工場が新型コロナウイルスの感染予防措置を講じているとして、操業再開を認められた。電子メディアのイラワジが4月29日伝えた。 同管区のモー・モー・スー・チー移民・人的資源相は同日、「十分な対策を取っている427…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染者2人確認、累計318人=9日朝(18:53)

「日本に行く」 意欲は不変 オンライン授業・面談が定着(07/09)

第4回パンロン会議、来月12~14日に開催(07/09)

救援機で帰国のミャンマー人、6800人超に(07/09)

新たな感染者なし、累計316人=8日朝(07/09)

タニンダーリの真珠養殖、合弁設立の入札へ(07/09)

ガソリンスタンド閉店、4年で43店(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン