雇用が17年ぶりの落ち込み コロナ禍、サービス業が下押し

シンガポールの2020年1~3月期の総雇用者数が、重症急性呼吸器症候群(SARS)の影響を受けた03年以来17年ぶりの下落幅となったことが、人材開発省が発表した雇用統計で明らかになった。新型コロナウイルス感染症の影響でサービス業を中心に人員整理が進んだことなどが背景に…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(16:40)

車両購入権の入札再開、予想より上昇小幅(16:39)

テイクオフ:総選挙があす10日に投…(07/09)

SNS世代の与党離れに注目 20年総選挙、有権者の選択(下)(07/09)

建設中心に外国人削減を、与党・現職候補者(07/09)

韓国政府、新興企業の支援センター開所(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

セメント大手ウルトラ、中国子会社を売却(07/09)

東南アのPE・VC投資額、1Qは65%減(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン