• 印刷する

テイクオフ:インドネシアから帰国、…

インドネシアから帰国、空港でPCR検査を受けた。検査前に係官から質問を受ける。ところが前の初老の男性が係官を独占し前に進まない。後ろの長い列にはお構いなしだ。

言い分はこうだ。「帰国直前にインドネシアでPCR検査を受けて陰性だった。証明書もある。検査は不要ではないか。(検査の結果待ちで)2日間もここにいられない」。係官は「ここは日本ですから日本でも検査を受けていただきます」と答えるが、男性は「インドネシアを信用してないのか」の一点張り。同じようなやりとりが続き、ようやく男性が折れた。

別の係官が対応して列をさばくことをなぜ優先しないのだろう。ずっと待たされ、いら立つ自分がいた。文句をいう人はいなかったが、触ると切れそうな緊張感は、新型コロナ禍でたまった不満を誰もが懸命に抑えようとしているようでかえって不気味でもあった。(二)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍で自転車ブーム…(07/09)

インセンティブは地方税軽減 首都、7月からレジ袋禁止(上)(07/09)

財務省、国家立法計画にデノミ法案を提案(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

経営不振の国営生保ジワスラヤの閉鎖を検討(07/09)

森林保全を評価、ノルウェーが60億円供与(07/09)

20年の国家公務員採用試験は実施せず(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン