• 印刷する

テイクオフ:韓国が新型コロナウイル…

韓国が新型コロナウイルスの感染を抑えられた背景には、積極的なウイルス検査に加え、徹底した情報共有があった。そこには全国民に割り当てられている「住民登録番号」が大きな役割を果たしている。

あらゆる情報がこの番号と関連付けられているため、「誰がどこで検査を受けたか」がすぐに把握できた。その家族や職場の同僚など、感染の可能性がある人を追跡することも可能だ。「個人情報保護をないがしろにしている」という批判もあるが、一定の成果を上げたことは間違いない。

「日本も韓国のようにウイルス検査を徹底すべき」という意見がある。しかし、単に検査数を増やせば感染拡大を抑えられるだろうか。個人情報保護が厳格な日本では、韓国のようにはうまくいかないかもしれない。大事なのは、その国にあった「やり方」を実践することだろう。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国が部品素材の国産化加速 供給網再編、388品目の育成支援(07/10)

新型コロナ感染者、50人増の1万3293人(07/10)

韓国のNH農協銀、ヤンゴンに駐在員事務所(07/10)

セルトリオンの治療薬、変種コロナにも有効(07/10)

韓国の輸出管理体制に懸念、日本が反論(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

宅配員にも雇用保険、政府が加入義務化へ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン