• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…

新型コロナウイルスの流行も恐ろしいが、それに伴うフェイクニュースの拡散も問題となっている。日本で有名なのは「26~27度のお湯を飲めばウイルスは死ぬ」という偽情報で、自身もSNS上で何度も見かけた。

この偽情報は由来をたどると中国発らしい。もともとはデマを紹介した文章だったのが、日本語に翻訳される過程でフェイクニュースに「変異」したという。

こうしたコロナ関連の偽情報には「医療機関に勤める友人の話」との前置きや「みんなの命を守るため拡散してください」といった言葉が用いられている。専門家らしき人を持ち出して信用させ、または人の善意につけこんで拡散を狙う魂胆か。新型コロナのワクチン開発も急がれるが、こうしたフェイクニュースの拡散防止も待ったなしだ。自分が拡散しないためには「典拠不明の情報は信じない」、まずはここからか。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 医療・医薬品IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(07/03)

中小銀の資本金に専項債、地方政府に認可(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

インドの中国製品排除に反発、商務省(07/03)

中国発の貨物、通関手続き再開(07/03)

1~5月のサービス貿易、15%減の1.9兆元(07/03)

物流DHL、中国からの輸出貨物集荷停止(07/03)

危険化学品の道路輸送、集中取締を実施(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン