• 印刷する

テイクオフ:ニュージーランド(NZ…

ニュージーランド(NZ)ではこれまで、新型コロナウイルスの拡大を抑制するために、厳格な社会的距離規制が敷かれていた。違反者も多かったものの、多くの人は規制を守り、外出を最小限にしていた。

生活が縛られていたのは事実だが、医療関係者にとっては社会的距離規制により、副次的効果が認められたようだ。例えば、NZ北島のワイカト地区の基幹病院では、当初の規制期間とされた4週間にけがで病院の外来に来た人数が、前年同期から43%も減ったという。何よりも重傷者が50%も減ったのは大きいだろう。けがで来た人のほとんどは、家の中や自分の農場でのけがだったという。

医療に限らず、交通事故も減り、大気汚染の軽減も報告されている。規制による社会的・経済的影響は確かに大きすぎるが、負の側面ばかりでもないようだ。(欣達)


関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍でオーストラリ…(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

三菱地所、シドニーで住宅開発 レンドリースとの共同事業第3弾(07/03)

レンドリースが3億$超の赤字か、建設遅延で(07/03)

三菱系BMA、QLD炭鉱に自動トラック(07/03)

豪の19年EV販売、5割以上はテスラ車(07/03)

豪住宅価格2カ月連続下落、今後も需要減か(07/03)

家具グリーンリット、子会社分社化で上場へ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン