• 印刷する

テイクオフ:新型コロナの1日の新規…

新型コロナの1日の新規感染者数が10人前後まで減少している。一時期は感染拡大の影響で閑古鳥が鳴いていた映画館も、前後に着席不可の席を設けるなど「社会的距離」を徹底して営業を続けている。

ただ、その対応が観客の「自由度」を助長してしまっているようだ。久しぶりに映画館を訪れた友人は「『観ク』されて残念」とこぼす。「観ク」とは観客とクリティカルの新造語で、上映中に携帯を使用したりする迷惑行為のこと。スクリーンが見やすいよう着席不可の席に堂々と座る人や、マスクなしで会話する人など、マナー違反が目についてうんざりしたという。

歓声が響く野球場、桜並木をそぞろ歩き、マスクなしの生活――。こうなってみて初めて、当たり前の日常の大切さを実感している。この事態を乗り越えていくためには、一人一人の少しの我慢と努力が欠かせない。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、49日ぶり50人下回る(09/29)

BTS事務所のIPO、2割が海外投資家(09/29)

韓国から投資急増、Q2は前期の4倍(14:19)

新型コロナの抗原キット、韓国から一部到着(09/30)

9月の輸出額、18%増の275億ドル(09/30)

中油のインドネシア投資、LG化学が参画へ(09/30)

7月までに28%増の5.5億ドル、医薬品輸入(09/30)

韓国自治体、ホーチミン市で農産品の販促会(09/30)

韓国の新興制作、越放送局と旅番組で覚書(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン