操業許可も再開めど立たず 日系製造、複雑なSOPなど障壁

新型コロナウイルス抑え込みのための活動制限令下のマレーシアで、政府から操業許可証を取得したものの、工場の稼働再開には至っていない日系企業が少なからずあるようだ。部品供給が正常化していないほか、再稼働に当たって政府が企業に順守を求める標準作業手順書(SOP)の内…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新車販売に売上税減免効果 首位プロドゥア、6月は前月3倍(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

RM1=25.1円、$1=4.29RM(2日)(07/03)

MM2Hの新規申請、6月末から9割超却下(07/03)

外資の工業用地所有権、ヌ州が条件付き許可(07/03)

建設ガムダ、ペナン交通整備計画で州と契約(07/03)

失業者雇用する企業への優遇、申請受付開始(07/03)

6月の製造業PMIは51.0、V字回復の兆し(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン