• 印刷する

テイクオフ:インド内務省は24日に…

インド内務省は24日に新型コロナウイルスの感染が拡大していない地域において、ショッピングモールを除く特定の店の再開を許可すると発表した。

この通達を受けて人々の関心の的になったのは、「果たして、酒屋の営業再開は許されるのか」ということだ。SNSで問い合わせが殺到したため、政府は「酒屋の開店を許可しない」ことを通達で明記するに至った。そう、インド国民は酒屋の再開を切望しているのだ。

南部のケララ州では、医師による処方箋を持っているアルコール依存症患者に対し、政府が定めた店での酒類の購入を認めた。この出来事は、いまなお続く封鎖の間に人々がどれだけ酒を求めているのか、その度合いを示している。ひとたび酒屋の再開が認められれば、大量の人が押し寄せ密集してしまうのは想像に難しくない。政府が酒屋の再開を認めない理由のひとつはそこにある。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:三大カーンもすごいが、…(07/14)

グーグルが100億ドル投資 デジタル化促進、AI活用などに(07/14)

通信ジオ、米クアルコムからも資金調達(07/14)

ITタタ、今年も新卒4万人採用(07/14)

電気バスのPMI、5年後見据え技術開発(07/14)

本年度は4.5%のマイナス成長、商工会調査(07/14)

格付け低下の企業、今月9日時点で3900社超(07/14)

太陽光発電企業の資金調達、上期は76%減(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン