• 印刷する

日本企業2社の台湾投資を承認、46.6億元

台湾の経済部(経済産業省)投資審議委員会(投審会)は13日、博報堂と信越化学工業の日本企業2社による台湾への投資案件を承認した。総投資額は46億6,372万台湾元(約168億2,500万円)。

博報堂の投資額は25億元。台湾子会社の博報堂行効に増資するほか、同じく台湾子会社の台北博報堂投資を通じて台湾広告大手の格威伝媒(GROWWW Media)の全株式を取得する。今年2月にはTOB(株式公開買い付け)を実施後に株式交換を行い、格威伝媒の全株を得ると発表していた。

信越化学工業は77億円の融資を申請し、台湾子会社で化学原料を製造する信越電子材料への増資に充てる。融資期間は1年以上。

■TOBが成立

博報堂DYホールディングスは14日、格威伝媒に対するTOBの条件が成立したと発表した。

TOBの規模は格威伝媒の50~78.81%株に設定していた。78.81%株を取得する際の投資額は18億5,300万元。TOBは今月15日までで、今月24日に株式譲渡を行う予定。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 化学金融メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国発会、台湾経済は下期に成長力回復(07/10)

新型コロナ感染者、451人に(07/10)

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

TSMC、世界最大規模の電力受給契約(07/10)

パネル大手2社、6月売上高に明暗(07/10)

日月光の6月売上高、5カ月連続プラス(07/10)

PC2社の6月売上高が好調、在宅需要で(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン