• 印刷する

医療機器などの新規投資、法人税を5割免除

タイ投資委員会(BOI)は13日の会議で、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、国内で生産される医療機器などの生産に関する投資への税制優遇策を決定した。

BOIのドゥアンチャイ長官によると、医療機器およびその部品、診断キット、医薬品、医薬品の有効成分などの生産に関する新規投資に対して、3年間にわたって法人税の50%を免除することを決めた。対象は2020年1月から6月30日までに申請された投資案件で、同年12月末までに操業開始および売上高を計上することが条件となる。また、20~21年に生産した製品の50%以上をタイ国内向けに出荷することが求められる。

19年以前に申請された医療機器などの生産に関する投資案件についても、生産拡大に向けた海外からの機械設備の調達に関して輸入関税を免除する。対象は20年9月までに申請された案件で、20年内に輸入することが条件。

また、医療用製品の国内のバリューチェーンを強化するため、消毒剤の原料である医療用アルコールを生産する企業に対して8年間の法人税免除の優遇措置を決めた。マスクなどの原料である不織布を生産する企業に対しては、法人税免除の措置を従来の3年間から5年間に延長した。

■第1四半期の新規投資額44%減

BOIがまとめた20年第1四半期(1~3月)の投資統計によると、新規申請は378件で前年同期に比べて10件増えた。ただし、投資額は44%減の713億8,000万バーツ(約2,347億円)に落ち込んだ。うち外国企業の投資額は274億3,000万バーツで、全体の38%を占めた。国・地域別で投資額が最も大きかったのは日本で、中国、香港が続いた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染者3248人、刑務所で確認増(12日)(06/12)

サミティヴェ病院、ワクチン接種の受付開始(06/11)

市中感染2260人、死者は27人(11日)(06/11)

上場企業、1Qは3.3倍の増益 原油価格上昇がエネ・公益に追風(06/11)

タイ貿易好調、4月は輸出入とも2桁増(06/11)

SET上場企業の21年1~3月期決算(表)(06/11)

市中感染2272人、死者は43人(10日)(06/11)

長城汽車の工場稼働、PHVの生産開始(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン