• 印刷する

韓国の国民銀、プラサック株の70%取得完了

韓国のKB国民銀行は10日、カンボジアのマイクロファイナンス(小口金融)最大手、プラサックの株式70%の取得を完了した。投資額は6億340万米ドル(約650億円)。地元各紙(電子版)が伝えた。

KB国民銀行は昨年12月、スリランカの複合企業(コングロマリット)LOLCからプラサックの株式を取得する計画を発表。今年1月末には、カンボジア中央銀行から株式取得の認可を受けていた。KB国民銀行は、プラサックの残りの株式30%も、向こう2年以内に取得する方針を示している。

プラサックのシム・セナチールト最高経営責任者(CEO)は13日、声明で「KB国民銀行との協力で、中小企業を中心とした既存・新規顧客のニーズに対応していく」と説明した。

KB国民銀行のホ・インCEOは「プラサックへの出資は、アジアのリテールバンキング事業を強化する上で重要な転換点となる」と指摘。プラサックの商業銀行への免許切り替えも検討する方針を示した。

プラサックの2019年末時点の総資産額は31億1,000万米ドル。貸付残高は25億米ドルで、顧客数は41万7,000人だった。不良債権比率は市場平均を下回る0.4%。預金残高は17億8,000万米ドルで、預金口座数は74万2,000口だった。

KB国民銀行は、東南アジアでの事業展開を強化している。


関連国・地域: 韓国カンボジア
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

正月の振り替え、今月末から来月初旬の間に(07/10)

1~6月の縫製品輸出、5%減の38億ドル(07/10)

コロナで食品価格が一時上昇も、既に安定(07/10)

二輪ロイヤル、カンボジア市場に進出(07/10)

イオン、実習生ら支援に2500万円を寄付(07/10)

対米輸出にやや陰り、5月は14%減(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン